家づくりのコンセプト

私たちにとっての家づくりの最終ゴールは「家族の幸せ」です。

また、幸せの実現のためには「健康」と「繋がり」がとても重要だと考えます。
フォレストが徹底的にこだわっているこの2つのポイントについて、ご紹介します。

家族の健康

フォレストの原点、それは「健康な家づくり」。
断熱性能や調湿機能、シックハウス対策などを行うことで、家族が心地よく住まうことができます。



家族の健康が続く家を詳しく見る

家族の繋がり

フォレストの家づくりは「家族の繋がり」も大切にしています。
日々過ごす空間だからこそ、家族がさらに仲良くなるお家をご提案します。



家族の笑顔が絶えない家を詳しく見る

SDGsに対する取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組む普遍的なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

フォレスト株式会社は、事業を通じてSDGsに取り組み、持続可能な世界を実現するため貢献しており、一般社団法人日本SDGs協会から「SDGs事業認定」を受けています。

3.すべての人に健康と福祉を

フォレストは、健康的な生活を確保するためにZEH普及に取り組んでおり、ZEHビルダーも登録しております。
また、WBHOUSEという、健康に配慮した住宅の普及を推進することで、全ての人が化学物質に恐れることなく安心して生活ができる家づくりを行っています。

4.質の高い教育をみんなに

フォレストでは、子どもの教育が促進できるような家の設計・デザインをすることにより、世の中に質の高い教育を拡げております。
​また、家づくりセミナーや住宅購入時のローン勉強会など様々なイベントを通じ、住宅と健康に関する知識を発信しています。

12.つくる責任 つかう責任

フォレストの住宅は自然に調和した材木や漆喰。地に還すことのできる素材で​できるだけ地球に負担をかけません。また、建物寿命の長寿化に貢献しております。
健康に配慮した厳選した材木や自然素材を使って自然の力を利用した施工と工法を​行い住宅を建築しています。