コンパクトな土地を活かした外観

開放的な玄関土間

ホールは明るく気持ちがいい

2階リビング&子ども部屋

リビングダイニング

大容量シューズクローク

将来部屋ができるフリースペース

リビングフロア

『自宅と事務所と2世帯を叶えたい!』

建て替えで限られた土地ではあるが、自宅兼事務所として作業ができる空間をつくりたいというのがご要望。また、同居するお母さまと一緒に住むため、専用のお部屋や炊事スペースを用意することもポイントでした。狭くならず開放的になったら嬉しいというお声も。

『2階リビングの「つながる」家』

1階に事務所・お母さま専用のお部屋(台所つき)を完備。トイレは2個設置して、お風呂は共同で使えるお家です。限られた土地にあえて吹き抜けをとることで、閉塞感のない明るいお家になりました。2階にリビングや主寝室、お子さまのお部屋は開放的にとり、将来間仕切りができるように対応しています。

X様のお声『任せてよかった!』

『家の密閉感みたいなものが嫌で、部屋にするか吹き抜けを広くとるかだったんですが、社長に任せて吹き抜けをとることで、同じ土地でも家の中が明るく、広く感じる家になりました。「シンプルで機能性重視」という当初の思い通りに快適に暮らしています。特に家の中があったかいのは、WB工法の大きな特徴なんでしょうね!』
1年中快適なWB工法の情報はこちら

コンパクトな土地を活かした外観

今回は建て替えのお客様でしたので、土地はそのまま。光を差し込む場所にお家を配置しつつ、必要な駐車スペースを完備。外構や花壇などもところどころ置いたら映えるコンクリートを敷いています。

 

開放的な玄関で広々

ドアをあけると、玄関も土間になっています。

 

ちなみに左手には大容量のシューズクロークが。脚立など背が高いものでも、ここの玄関に置けますので、倉庫がなくてもある程度玄関収納で完結します。

 

家族が行き来するホール

二世帯&作業場兼事務所を完備しているこのお家。すべてドアをあけると繋がっていますが、ある一定の距離を保ちたい。ということで、1階はホールのようにして各部屋を独立させています。

 

アイアン手すりがかっこいいスケルトンの階段

1階と2階を繋ぐ階段は大人かっこいいスケルトンの階段にしています。吹き抜け空間から差し込む光は、1階も2階も照らしてくれるので、閉塞感のない室内が広がっています。

 

2階から見る景色

階段をあがるとリビングや主寝室、ウォークインクローゼットなど、ご家族のくつろぎ空間が広がっています。

 

リビングダイニングは家族を繋ぐ空間

お部屋に行く前に家族がちゃんと通るように、リビングダイニングの位置を調整しています。外からの目線も気にならないので、カーテンも不要。

 

オープンなスタディスペース

まだ自分のお部屋が不要な時期は、すぐそばでお勉強や読書ができるようにスタディスペースがお部屋代わりになっています。キッチンがすぐそばにあるので、ごはんの準備をしながらこどもたちを見守ることができる空間です。

 

将来間仕切るフリー空間

右手は現在フリースペースとして使用していますが、将来は間仕切ることで2つの部屋として機能できるように、予め電気やコンセントなどを配置しています。もちろん、「お部屋は不要」となったときには壁を外して、フリー空間として使用することができます。

 

住まいのデータ

  • エリア:姫路市・大白書中学校区
  • 1階床面積:58.78㎡(17.77坪)
  • 2階床面積:59.62㎡(18.02坪)
  • 土地面積:100.12㎡(30.29坪)
  • 3LDK
  • 建築時期2018年12月